• TOP   >   
  • 未病治療(予防)・歯周病治療

Predisease病気になる前に適切なメインテナンスを
~未病治療(予防)~

未病治療(予防)~病気になる前に適切なメインテナンスを~

未病治療とは?

未病治療とは?

未病には、「不調・異変の自覚はあるが、検査では何も出ない」もしくは「自覚症状はないが、検査では何らかの異常が見られる」という特徴があります。通常、治療は病気が発症してから行うものですが、未病の段階で早めに対処できれば、発症自体を防ぐことが可能です。

Perio日本人がもっとも歯を失う病気
~歯周病治療~

歯周病治療~日本人がもっとも歯を失う病気~

歯周病とは、プラーク(歯垢)の内部に潜む大量の歯周病菌が出す毒素によって、歯を支えている顎の骨が徐々に溶かされてしまう病気です。

初期段階では歯ぐきの腫れや出血などの症状が現れます。そして進行するにつれて歯周ポケットが深くなっていき、徐々に歯がグラグラして最後には抜け落ちてしまいます。虫歯のように痛くないので軽視されがちですが、実は、日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられているのが歯周病なのです。

大久保デンタルオフィスでは、歯周病の悪化によって皆様の歯が抜けてしまわないよう、適切な歯周病治療を行っています。治療が早ければ早いほど、歯を残せる確率が高まります。少しでも異変に気づいたら、当院までご相談ください。

歯周病は全身につながっている!?

歯周病は「歯を失う可能性がある病気」というだけでなく、歯周病菌が血管や気管を通じて全身をめぐることで命にも関わるさまざまな病気を引き起こしてしまう怖い病気です。

心疾患・脳血管障害 肺炎 糖尿病 早産・低体重児出産
歯周病菌が血管に入り込むと、炎症を起こして血栓ができやすくなります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳血管障害などを引き起こすことがあります。 歯周病菌が誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって気管に入り、肺に到達すると、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。 歯周病と糖尿病は、どちらも免疫力に大きく影響する病気です。また相互関係にあり、互いに発症や進行を招き合うとされています。 歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与え、陣痛に似た筋肉収縮を起こすことがあります。そのため、早産や低体重児出産が起こりやすくなります。
心疾患・脳血管障害 歯周病菌が血管に入り込むと、炎症を起こして血栓ができやすくなります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳血管障害などを引き起こすことがあります。
肺炎 歯周病菌が誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって気管に入り、肺に到達すると、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。
糖尿病 歯周病と糖尿病は、どちらも免疫力に大きく影響する病気です。また相互関係にあり、互いに発症や進行を招き合うとされています。
早産・低体重児出産 歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与え、陣痛に似た筋肉収縮を起こすことがあります。そのため、早産や低体重児出産が起こりやすくなります。

当院の歯周病治療メニュー

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

スケーラーやキュレットという器具を使い、歯周ポケットの内側のプラークや歯石を取り除く処置です。除去後に歯面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。比較的軽度の段階で行う処置です。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

局所麻酔を施した上で、歯周ポケットの奥に入り込んだプラークや歯石、膿、感染した歯肉組織を取り除きます。軽度~中等度の歯周病に対して行う処置です。

フラップ手術

フラップ手術

局所麻酔を施してから歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、歯根を露出させてプラークや歯石、感染した歯肉組織を取り除きます。中等度以上の進行した歯周病に対して行います。